エキサイトブログ
以前の記事
2016年 12月
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 01月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
LINK
ひろみねっと
┗佐藤ひろ美オフィシャルウェブサイト
ひろみたち。
┗BEWEオフィシャルサポーターズクラブ
ExA公式ブログ
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』 野川さくら公式ブログ『Today's Sakura』 Brilliant Kingdom Official Blog Beat MIQ`s
bless4 Official blog「Stepping Stones」 DIXIES Matcyo公式ブログ 爆裂 麻倉あきらOfficial Blog『No Songs! No Life!』 SUPER TEUCHI LIVE Special Blog
宮本佳那子の超めいっぱ~い☆★ Live Alive Peak A Soul+ Vol.01 Special Blog 辻あゆみ公式ブログ『あゆみのこべや』 茂家瑞季のmore yeah♪ブログ
宮内真友Official Blog『まゆちの絵本』 阿部玲子公式ブログ『お仕事お待ちしております。』 EIZO Japan Official Blog『聖歌激唱』 yozuca* Official Blog「yozucamera*」
 
 
 
 
東梅副町長に義援金を渡してきました。  
「がんばっぺし!大槌」で集まった義援金を
本日無事に大槌町東梅副町長に渡す事が出来ました。


e0049681_2151468.jpg

名刺交換しています。

東梅副町長の第一声は「お父さん見つかってないのが?」
「私はお父さんと2回お酒を飲んだ事があるんだよ。」

副町長の人柄なのでしょう、小さく優しい声でお話をします。
失礼を承知であえて書きますが、そのテイストは
あくまで、親戚のおじちゃんです。
(田舎にありがちの話ですが実際、本当に遠い遠い親戚なのですが...)
穏やかで優しい方です。

みなさんの名前が印字された通帳のコピーを見ながらお話をしました。
東梅副町長は「うわぁ〜」「大槌町の人ではない方々がこんなに...」
と本当にびっくりされていました。

そして「ありがとうございます。本当にありがとうございます。」
となんどもなんどもおっしゃってました。

そして、私のとっちらかったお話にも(笑)
じっと耳を傾けて聞いてくれました。


e0049681_2151486.jpg



e0049681_21532755.jpg

今回の350万円は
大槌町の小学生の学用品、体育用具を購入してほしい。
そして明細書を是非いただきたいとお話しました。

どのようにこのお金が使われたのか
募金したみなさんにお見せしたいのです。

と伝えたところ「そうですよね〜」と言ってくれましたが...
大丈夫か。
明細書送ってくださいね。
裏切らないでくださいね。
副町長...



e0049681_223650.jpg

記念撮影。

今回の350万円は小学生にとしましたが
今後集まる義援金はまた使い道を考えて
提案していこうと考えています。


今回、TV取材も入っておりました。
(この映像が使われるかどうかは別として)

そのためかどうかわかりませんが、その時は、副町長はあまりお話を
してくれなかったのですが、取材陣が帰った後たくさんお話が出来ました。



e0049681_2271515.jpg

今、大槌は桜が満開です。
仮庁舎のそばの桜も満開で、花びらが散ってました。
その花びらを見ながらすごくたくさんお話が出来ました。

話が出来て本当に良かったです。


なぜ、大槌町の被害が甚大なのか?
大槌町にだけ高い津波が来たわけではない。

原因が必ずあると思います。

生き残った人は「高台に急いで逃げて間に合った」から生き残った。

逃げ遅れた原因は何?

津波は来ない、来ても大丈夫だ。
と過信したから、逃げ遅れたわけです。

地震が多く津波という言葉に慣れてしまった土地「大槌町」

行方不明の父も逃げ遅れ、高台に避難せず
役場駐車場に津波対策本部を置いた町長以下役場の人間も

「ここは大丈夫」と思い込んでいた。

なぜなら
自分が生きて来た人生の中で
いつも津波は、来てもせいぜい「50センチや1メートル」だから。

毎度流れるのどかで緊迫感の無い、大槌町民なら毎度おなじみの
津波警報は、まるでオオカミ少年の話と同じです。

津波対策本部は中央公民館(高台)に設置するというマニュアルが
あったのに、なぜ実行してくれなかったのか。

役場も、町長も流され、指揮系統が破綻し、震災直後の混乱と
その後の復興の遅れを引き起こした。

役場の対策本部設置場所の判断とその後の結果を考えた時
「それは天災ではなく人災なのではないか」
などと考えた事も正直あります。

でもそれは
父が行方不明でやり場の無い怒りを「誰かのせいにしたい」
という気持ちの裏返しでもある。

私はどうだった?と振り返ったとき、
「大槌町本町は町の中心部だから、津波は【絶対】に来ない」
と思っていた。「絶対来ない」と思っていた。確かに。思っていた。

行政と私はまったく立場が違うから比べるのはおかしいが
とどのつまり、結局はみんな同罪だ。

今、大槌町に大切な事は、数々のミスを認め、
たくさんの命が奪われた事を反省し
自分たちの価値観や意識を変え
役場の人間も町民も復興に向かって
一致団結することだ。

責める事は簡単だ。
やり玉にあげる事は簡単だ。

でも、自らの罪を認め反省をし許す事は一番難しい。

でも、一人一人の人間がそこをしなければ、大槌町は1歩も進まない。
何も変わらない。

復興はあり得ない。

そして、それを伝えることが大槌町の使命だ。
と私は思います。

同じ過ちを繰り返さない為にも。
他の町が同じ過ちを繰り返さない為にも。

3月11日から父を探す為に大槌に戻って
4月1日には「がんばっぺし!大槌」を立ち上げて義援金を集めて
今日大槌副町長に義援金を渡しました。この長い期間。

ずっとずっと考えていた思いです。
副町長に伝えました。

大好きな町、大好きな父。大好きなおじちゃん、いとこ、同級生...
失って見えた物がたくさんあります。

でも、失ってからでは遅いのです。

悔やんでも仕方がないのです。


明日ですが、29日テレビ朝日さんの番組
報道特別番組 (午後1時20分~5時54分)
「つながろう!ニッポン ~テレビが伝えたこと 伝えたいこと~」
の中で、大槌町は5分程度しか写らないそうですが
そこで取材していただきました。

3時頃から岩手県の事を流すそうです。そこのどこかで大槌町が5分くらい
流れるそうです。

みなさま見て下さい。
宜しくお願い致します。
[PR]
by satohiromi | 2011-04-28 23:31 | 日記
<< ひろ美社長よりSのお知らせです... 明日28日14時に大槌副町長に... >>

ccopyright © 2006-2015 S inc. All Rights Reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム