エキサイトブログ
以前の記事
2016年 12月
2016年 10月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 01月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
LINK
ひろみねっと
┗佐藤ひろ美オフィシャルウェブサイト
ひろみたち。
┗BEWEオフィシャルサポーターズクラブ
ExA公式ブログ
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』 野川さくら公式ブログ『Today's Sakura』 Brilliant Kingdom Official Blog Beat MIQ`s
bless4 Official blog「Stepping Stones」 DIXIES Matcyo公式ブログ 爆裂 麻倉あきらOfficial Blog『No Songs! No Life!』 SUPER TEUCHI LIVE Special Blog
宮本佳那子の超めいっぱ~い☆★ Live Alive Peak A Soul+ Vol.01 Special Blog 辻あゆみ公式ブログ『あゆみのこべや』 茂家瑞季のmore yeah♪ブログ
宮内真友Official Blog『まゆちの絵本』 阿部玲子公式ブログ『お仕事お待ちしております。』 EIZO Japan Official Blog『聖歌激唱』 yozuca* Official Blog「yozucamera*」
 
 
 
 
<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧  
 
大槌町に行ってきました。  
大槌町に行ってきました。
まずは写真をアップします。


e0049681_032832.jpg

家の場所を探しています。
大量のガレキでまったく場所がわかりません。

窓の景色を思い出しながら、中央公民館やNTT等の大きな
建物から位置を割り出して、大きなガレキをどけて掘り出しました。

そうしたら、お風呂場のタイルが出てきました。


e0049681_0351619.jpg

すごく嬉しかったです。


他にアルバム等の思い出の品が無いかと思い掘りましたが
他の家のものが散乱した上に、トタン屋根等のガレキが折り重なり
大槌町は大火事になったので、すべてが燃えていて、我が家のものは
何一つ探せませんでした。

近所の病院のカルテが我が家の敷地に散乱してて困りました。
津波が大槌に来た時、本町や上町あたりで渦を巻いたそうです。
そこで、すべてが粉々になって散乱したそうです。

須賀町や栄町は反対にガレキも何も無く、家の土台しか残っていませんでした。
町によって景色が全く違います。

お風呂場のタイルの上に立ったところ。
後ろの建物は近所のスーパー「立花屋」さん


e0049681_0402646.jpg


それから、町内を歩きました。
近所の大槌駅に行ってみました。
ホームの大槌の看板が無惨に折り曲がっていました。


e0049681_0422044.jpg


大槌小学校前の歩道橋。
本当は倒れていたのを、立て直したそうです。
途中で無くなっています。


e0049681_0435458.jpg


27日になると、本町地区の道路をもと通りにする為
重機が入りました。

家の前の立花屋から私の家の前の道路を作るためガレキを撤去
しています。


e0049681_0471018.jpg


家から見た中央公民館。
本町や上町は、こんなかんじでガレキの山です。


e0049681_0493483.jpg


そしてこれは、本町の道又薬局さん。
上町、本町、末広町の鉄筋のお店は、爆撃を受けたようにすべてが黒焦げです。
ここが、他の被災地と大槌町が決定的に違うところ。
津波でガレキになった上に、残った建物の残骸も思い出の品も遺体も
すべてが焼き尽くされて真っ黒です。


e0049681_0533452.jpg


町は、津波と大火事で爆撃を受けた後のような状態でした。

でも、その中でも新しい電信柱を同時に3本建設していて...
クレーン車が3本たっていました。
破壊されたガレキの町に、真新しいきれいな電信柱が
土の道の横に建って行く光景は、たくましかったです。

電気や水が急ピッチで復旧していきます。
不眠不休で、自衛隊の人たちはガレキを除けて道路を復旧し
他の県から来た専門の方々が電気や水道を復旧しているのです。

そのスピードたるや考えられない早さです。
日本人は凄いな!と心から驚きました。

27日には小鎚も電気が復旧しました。
大槌町内、ほとんど電気が復旧です。

そして国道45号線が整備され一般車が通れます。
私は車で大槌町内を移動しました。


いとこや、知り合いの町議会議員の方に今、何が欲しいか
聞いたところ思わぬ答えが帰ってきました。

洗濯バサミや洗濯物を干すロープ。
補聴器の電池やコンタクトレンズやめがね。

みんな着の身着のままで逃げてきたので、コンタクトのまま
逃げて来た人や、眼鏡を忘れて見えない人、補聴器の電池が切れて
声が聞こえない人。
衣食住の次はライフライン、そして次はより、細かな生活物資が
なのですね。

私は、いとこに頼まれたコンタクトレンズと補聴器の電池を
明日大槌に行くという方に持って行ってもらうことにしました。

その方は今回の震災でブログやmixiやツイッターで知り合った方です。

こういうことで知り合いが増えるのもなんというか皮肉な事なのですが
インターネットは人と人をつなぐ絆なのだと思います。

そういう風に使えば...の話ですが、たくさんの人とつながって
強い絆を築く事が出来るんだなと今回の事で学びました。

ネットワークや、コミュニケーション能力って人が生きて行く上で
絶対必要なスキルですよね。


さて、これから大槌に行く方に参考になるかもしれないので
私の行動を書きます。

生々しい話ですが、あえて書きます。
テレビや新聞では報道されない事ですし...

大槌での2日間。
私は遺体安置所を回りました。

大槌には4件遺体安置所があります。

小鎚小学校
勤労青少年体育センター
大槌中学校
吉里吉里中学校

です。

小鎚と勤労センターはすでにいっぱいで、新しい遺体が入ってこなくて
大槌と吉里吉里中学校の2つに新しい遺体が入って行きます。

25日から新山にて土葬がすでに始まっています。

破損の激しい遺体、大槌は火事になったので焼死体が多いです。
DNA鑑定が難しい遺体もありますが、私はDNA鑑定を1体お願いしました。

ただし、検査キットも少なく数に限りがあるそうで、これがそうかもしれない!
という遺体のみにお願いしたい。との警察からのコメントがありました。

やれることはなんでもやりたかったのでDNAの検査をお願いしたら
私が初めてだったそうで、警察官の方もやり方がわからず緊張されて
ましたが、やってきました。

みなさん、まだDNA鑑定のお願いをしていないみたいです。
目立つように張り紙がされているわけでもないですし
私のように、しつこく言う人もいなかったからかもしれません。

ですが、私みたいな人が出たので、今週から変わってるかもしれません。
それを祈ります。

遺体安置所を回って思った事は、数がまだ少ない事。
ガレキの撤去と海に沈んでしまった遺体を引き上げる今週来週が
過ぎてから、すごい数のご遺体が収容されるのだろうな。

と思います。


町は、カモメの鳴く声しか聞こえません。
カラスがまったくいないのです。

とても不思議です。

地元の友人曰く、地震のちょっと前からカラスがいなくなって
かわりにとんびが以上に多くなって、川に川鵜が多くなったんだよね。

不思議でした。カラスの声が聞こえそうですが
カモメの声が町に響き渡っています。

後は、みなさん、必ず長靴で行くようにして下さい。
どこもかしこも泥だらけです。
[PR]
by satohiromi | 2011-03-30 01:53 | 日記
 
明日はランティスさんにて募金イベントですね  
明日はランティスさんが募金活動をします。
26日は東京、27日は大阪

飛蘭は26日の文化放送、新田は渋谷BOXXにて募金活動に
参加させていただきます。今回私も参加する人間なのですが
現地で父を捜します。

みなさま26、27日よろしくお願いします。

今回、被災してわかったのですが、人の痛みのわかる人は
被災した人に向けて、何かしらすぐ行動しています。

遠慮はいらないと思います。

「こんな時だから、そっとしておこう」
「震災を受けてない人間が何か言うのはおこがましいから...」

そんな遠慮はいらなくって
わかろうとする気持ちや、何かしたいと思う気持ちが大切で
遠慮なくズカズカとどんどんやるべきなんです。

どんどん支えて助けてあげるべきなのです。

それは声をかけるだけでもいいと思うのです。

「何も出来なくてごめんなさい。
でも、ひろ美ちゃんの元気な笑顔を待ってます。」

たくさんのメールやツイッターでこういう声が多かったけど
私は、ホントに嬉しかったです。

そして、勇気が元気が出ました。

表明する事。
手を挙げる事。
意思を伝える事。

それが大切な事だと私は思います。

26、27日のランティス支援金募金イベントよろしくお願いします。
[PR]
by satohiromi | 2011-03-25 23:14 | 日記
 
大槌に行ってきます  
大槌に行きます。
参考にしたいと言ってる方もいますので、往路復路行程を書きますね。

【往路】
25日(金) 東京-盛岡線ドリーム盛岡(らくちん)号 0051便
東京駅八重洲南口 09:00発 → 盛岡バスセンター 16:22着
この日は盛岡で1泊

26日(土) 朝 盛岡から大槌まで車で移動

【復路】
27日(日) 大槌から釜石まで車で移動
県交通バスで釜石駅 15:00発 →盛岡駅 17:35着

東京-盛岡線ドリーム盛岡(らくちん)号 0112便
盛岡バスセンター22:15発 →28日(月)東京駅日本橋口 05:50着

です。

盛岡までバスで行き、盛岡からは車です。
これは、ガソリンが無いとはじまりませんが...

山田ー大槌間の無料バスも25日までなんですよね。

でも、今後は道路事情やガソリン事情が良くなって行くと思うので
飛行機やバスを使って、大槌町まで帰れると思います。

こちらですが、岩手の交通事情のサイトです。

是非ご参考ください。

■業界の皆様■
みなさまには大変ご心配おかけしております。
メール返信が送れてしまう等、ご迷惑をおかけしてしまった方もいます。
大変申し訳ございませんでした!

25日(金)から26日(日)まで岩手に帰省します。
27日(月)早朝に東京に戻って参ります。

また4月1日より、佐藤ひろ美は平常運転に戻りますので
みなさま(頼むので(笑))お気を使わずに、お仕事のメール
お仕事の依頼をして下さい!!!

今後とも変わらぬお付き合いをお願いしますです!

■ファンの皆様■
今回、たくさんのメール、ツイッターで
情報と励ましの言葉をいただきました。

ありがとう。
大丈夫です。

私は全然大丈夫です。
そりゃいろいろありますが、仕方が無いんです。
こういう誰も悪くない事が起こる事ってあるんですよね。

ここ10日間。
40年生きてきて、遭遇した事の無いほど、頭の中も心も混乱しました。
津波は人の心も破壊していくんですね。

でも、応援してくれるみんなの言葉が、本当にね、

暗闇の中の光になって私を導いてくれたり、
灯火になって暖めてくれたりしました。

ありがとうございます。

支えてもらいました。

大丈夫です。

大槌に帰ったら父を捜します。
精一杯探します。

そして、4月から一生懸命仕事します。

歌を唄います。
そのときは一緒に唄って下さい。

大槌から帰って来たら「大槌町復興義援金」を集めようと考えています。

私が出来る事は町の復興の為の軍資金を集める事と、歌を唄う仕事を
がっつり、しっかりやることです。

だから、がんばります!

行ってきます。
気をつけて行ってきます。
[PR]
by satohiromi | 2011-03-24 02:32 | 日記
 
思う事  
1週間ぶりに救出された孫とおばあちゃんを見ていて、
これは実は氷山の一角で、こういう高齢者はいたるところに
いるんじゃないかと思えてならない。

たまたま孫が一緒だったから今回は救助を求める事ができたけど。

沿岸地域は過疎化の町が多い。
若い者は家を出て都会に行き(私ももれなくその一人ですが)
高齢者が一人で家を守るなんてケースがたくさんあるわけで...

救助を求める事が出来ず、家の中でおとなしくしている人や
倒壊を免れた家にいて、救援物資も避難所まで来ているが
それに気づかず、足腰が悪く取りに行く事も出来ず
寒さと餓えの中、1週間経っているなんて事も想像がつく。

地元の友人と電話がつながったので、聞いてみた。
「そういう人がいるんじゃないの?」
「そうなんだよ。でも、自衛隊の人たちは死体やけが人を救助するので
精一杯だから、家にいる人を確認するために一つ一つ家を見に行ったり
はやってない。」

こういうのはどうすればいいのだろうか?
町の人は自分の事や行方不明の家族を探すことで精一杯だ。
私もそうだ。

infoのメアドに問い合わせがあった。

一人暮らしの75歳の父がどうなってるか知る手段がない。
大槌はライフラインはどうなっているんだ。
知っているかぎりの情報を教える事しか出来なかったけど。

絶対そこまで手が回っていないと思う。

だって
避難所が定員の10倍にふくれあがっているような町で
今は医者が2人しかいない町で
町の役場のブレインが2人しか残っていない町で

残ったみんなでがんばろう!と役場職員、若い人や職員OB
学校の校長先生たちが立ち上がったばかりの町で

町は「当面は他自治体に職員派遣は要請しないと考えてる」と記事で読んだ。
自分たちの力で町の復興を一丸となってやれたらそれは本当に本当に本当にすごい事。

がんばってくれ!大槌町のみなさん!!!

がんばらないと、たくさんの事が手遅れになってしまう。
そうなった時、大槌町民が犠牲になってしまう。

それをしない為に一丸となってがんばる大槌町の人たち。
町を助けないといけない。

私は子供の頃この町に育てられた。

この町の豊かな自然でたくさん遊んで、感性を磨かせてもらった。
今の私があるのは、この町にこの町の人たちに育ててもらったからだ。

そして2年前は大槌夏祭りに呼んでもらって、歌を唄った。
そのときの嬉しかった気持ちをブログに書いてあるけど
http://blog.excite.co.jp/satohiromi/10765858/
本当に嬉しかった。

だから今度は私が何か町の為に役に立たなきゃいけない。
考えてる事があるのですが、固まったらブログに書きます。
[PR]
by satohiromi | 2011-03-22 03:02 | 日記
 
佐藤ひろ美のひろらじを聞いて下さい。  
父と叔父を捜してブログ更新ストップしてました。
すいませんm(_ _)m

昨日更新したインターネットラジオ「佐藤ひろ美のひろらじ」を是非みなさま聞いて下さい。
どこのインターネットラジオステーションでも聞けます。
ランティスhttp://lantis-net.com/hiroradi/
音泉http://www.onsen.ag/
BEWE http://bewe.sc/hiromi

父と叔父はまだ見つかりません。
地元の親戚が毎日大槌を探しまわって
ようやくつながった衛星電話で現状を報告してくれます。

「ひろらじ」ですが私のメッセージをラジオで話しました。
大槌のみなさんに本当は届けたいのですが、大槌は停電なので聞けません。

お願いです。誰か、このラジオを大槌町の人に届けてくれませんか!


大槌町のみなさん。大槌町出身の被災者のみなさん。
東北、茨城の被災者のみなさん。
そして、今回の震災に胸を痛めている
被災地以外のみなさん。世界中の人たち。


私のメッセージと歌を聞いて少しでも元気を出して欲しいです。
おなかは満たされないし、寒さもしのげないので役に立たないかもしれませんが
これを聞いて、元気が少しでも出てくれればと思います。

有事です。
被災地以外の人達、関係無いと思わないで
みんなで手を取り合って助け合うべきです。

そして、募金や救援物資等の寄付はとても必要です。
みなさん、よろしくおねがいします。


大槌の状況をお伝えします。
これは、大槌町小鎚の叔父さんの今日の午前中の電話の話です。

叔父は電話を安渡からかけてきました。

大槌は、遠野方面、笛吹き峠、旧仙人峠、土坂峠ルートから入れます。
ただし、町の中は車は走れません。移動手段は歩きか自転車です。
なので、車は各避難所(大槌高校等)に置いて行動するんだそうです。

まだ、本町のあたりや町内は水が引かないそうです。
TVで映る光景は安渡側の新しく建った「薬王堂」が見えるあたり
(住所的には大槌町大槌)からか、釜石側のマストのある大槌町城内
あたりの光景で本町や末広町、大町、須賀町や栄町のような土地が低い所
は映っていません。

そこは、TVで見る500倍はひどい状況だそうです。

本町あたりは、津波にさらわれた後、残った木造住宅のガレキも
大火事で燃えてしまって何もないそうです。

なのでガレキの下敷きになった死体も黒こげで
安否確認が出来ない状況だそうです。

大槌は町長がいなくなり残った副町長等、少ない役場の人たちで
がんばっているのですがほかの町より復興が遅く、感覚としては
2日間ぐらい遅れているそうです。

避難所の大槌高校あたりは、docomo,auがつながってきたそうです。


治安も悪くなってきていて、空いている家に窃盗が入って鉢合わせをした人等
物騒なうわさが立っています。
同じ町民同士で車のガソリンを抜く人もいるそうです。

隣の街の釜石市では、仮設住宅の建築が始まろうとしているのに
この差はやはり、町の機能が破たんしている。上手く機能していない。
という事につながるのかもしれません。

岩手県や国には行政機能が破たんしている大槌町のような
小さな村、町の復興から先に考えていただきたいです。

お願いします。

自宅に避難している人には救援物資は行きわたらないので避難所まで
取りに行かなければいけません。
足腰の悪い老人はどうしているのでしょうか?

町長の遺体が確認され、町の役員が多数流された大槌町が非常に
気になりますし、心配です。

岩手県警の行方不明者登録の電話は1週間経ちましたが、うまく繋がらず
未だに登録出来ていません。


岩手と東京は遠いです。
1週間経ちました。
気持ちは焦るばかりです。
自分の住んでいた家のそばに行って
父を探したいです。


近所の人の話だと、津波がくる直前、父を家の前で見かけたそうです。
畑から帰って来て、家に帰ってきて部屋の中に入ったみたいです。

近所の人の話だと、地震があり津波警報が鳴り、みんなで外に出ていたそうです。
三陸は地震が多く、頻繁に津波警報が発令されるので聞きなれた津波警報を
聞いてもさほど緊迫感もなく、津波があっても海岸だけで、町の中までには
こないだろうと思っていたそうです。


15分ぐらい経った後、遠くの方に砂煙が見えて「なんだろう?」と思った瞬間
すごい速さで、車と家を巻き込みながら水が来たそうです。

映画のワンシーンみたいだったと、友達は言っていました。


地震ではなく津波の振動で町が揺れたそうです。


後ろを振り返りながら水から逃げて走って高台(中央公民館)まで逃げたそうです。


まだ見つかっていない80歳の叔父は、避難場所が江岸寺だったので、江岸寺の
お寺の階段に腰をかけて座っていたそうです。

そこに水が来て、お寺もろとも津波がさらっていきました。
お寺の裏に高台(中央公民館)に繋がる階段があって、そこを上がった人達は
難を逃れました。

叔父と父の津波直前の行動がわかりました。

探し続けます。



叔父、東梅仁さんの息子さんが撮って送ってくれた写真です。
城山から撮影してます。


e0049681_2331210.jpg

須賀町付近。大町は水浸し。このように町内はまだ水浸しです。



e0049681_2351620.jpg

末広町江岸寺。ぐしゃっとつぶれて焼けてます。屋根だけです。




e0049681_2372332.jpg

川の中に鉄橋の柱だけが見えます。JR山田線が繋がっていないということになります。
右側から堤防が鉄橋手前で決壊しています。


今回、あざとしさんには頭が下がります。
ありがとうございます。

あざとしさんが作った大槌町の避難者リストブログです。
大槌の状況もコメント欄から見れます。

mixiをやってる人は、すでに見ていると思いますが
mixiの情報が一番詳しいし今の情報がわかるので
mixiをやっていない人はやり始めるのもいいと思います。


今回は、たくさんの情報をメールとツイッターでいただきました。
本当にありがとうございます。


今は、行方不明の東梅仁おじさんの息子さん達と
大槌に行くための計画を練っています。

昨日第一陣で大槌入りして写真を撮って来てくれました。

がんばります。
希望は捨てていません。
[PR]
by satohiromi | 2011-03-20 23:53 | 日記
 
釜石教育センターの「さとうきみかつ」さんは同姓同名の「別人」でした。  
父を探してくれてる大槌の親戚からたった今電話がありました。

釜石教育センターの「さとうきみかつ」さんはやっぱり同姓同名の「別人」でした。


そして、先ほど大槌の同級生からも電話があって、大槌町の状況を聞きました。


心情を書く事はやめます。


とにかく、今の私は、ちゃんと東京で自分の仕事をやってるし、元気です。

大丈夫です。
心配してくれてありがとう。


佐藤ひろ美として、仕事をやってます。

気持ちをしっかり持って仕事をやってますので、心配しないで下さいね。

ありがとう!!!!!
[PR]
by satohiromi | 2011-03-17 16:05 | 日記
 
皆様ありがとうございます。  
ブログを更新するのが止まってしまってすいません。

父はまだ見つかっていません。

でも、みなさんからの情報で親戚や友人、近所の方々の無事を確認
することが出来ました。


昨日の午前中、大槌の親戚が遠野まで歩いて電話をくれました。
親戚の話では、避難所を探しても父はいないそうです。

でも、反面、死体を1個1個探しても父は見つからないそうです。

おじさんに
「一生懸命、お父さん探すから、裕美待ってろよ!」
と言われました。

釜石教育センターにいる大渡町の「さとうきみかつ」さんが
同姓同名なのか、本人なのか探しに行ってもらっています。

釜石と大槌に親戚が20人以上いますがほとんど見つかりだしました。
希望を捨てずがんばります。

皆様、応援ありがとうございます。
[PR]
by satohiromi | 2011-03-17 15:19 | 日記
 
ツイッター始めました  
父と私の写真です。
e0049681_17554649.jpg


昨日から、ずっとTVを見ているのですが、私の故郷である
岩手県大槌町の映像や情報が、ほとんど無い。


ツイッターや2ちゃんねる。
その他いろいろ。

炉心融解の情報や、2次災害の中で、小さな町である「大槌町」
の情報は、なかなか入りずらくなると思って、二の足を踏んでいた
ツイッターを始めた。


大槌は、携帯の電波塔が倒れ、枝野官房長官も連絡がつかない町として
午前中話をしていた。


津波と山火事で町は壊滅状態です。

別に家なんてどうなってもいい。
父や親せき、友達の安否だけが心配です。


母は偶然、東京に遊びにきていたので今、一緒に私といます。


家族は、離れて暮らしてはいけないな

とふと思った。
[PR]
by satohiromi | 2011-03-12 17:40 | 日記
 
父親の行方を探しています。  
私の実家は岩手県大槌町といいます。

父と連絡が取れません。
名前は佐藤公克(サトウキミカツ)と言います。

年齢は68歳です。
身長は155センチ メガネをかけています。
安否が気になります。

情報を知ってる方はこちら

info@s-inc.jp
まで下さいませんか。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by satohiromi | 2011-03-12 16:52 | 日記
 
ジサツのための101の方法 リメイクレコーディングやりました!  
いやぁ、色あせないですなぁ~「ヒカリ」は…


2001年発売PCゲーム「ジサツのための101の方法」
え!?もう10年前だっけ!?

そうだよなぁ…

私が、後にも先にもこんなに歌詞がアングラな歌は唄った事が無い。
デビューしたばかりだったからこそ出来た仕事でした。


その主題歌「ヒカリ」を今日リメイクレコーディングしました。
写真は、左がyet11さん右は今回の編曲をした柏木るざりん


e0049681_23114987.jpg


もー
すげーひさしぶりな2人…
涙出る…

yetさんは最近逢う機会があったのですが、るざりんなんて何年ぶりなのか
思いだせない!yetさんは楽しみで昨日寝れなかったそうです。

かわいすぐるだろう…


レコーディングは楽しく進み、休憩時間は過去の記憶をたどる3人。
10年は私たちを大人にしました(笑)

だって、生きていくためにね(笑)

さて、なんで、リメイクしてこの「ヒカリ」をレコーディングしたのか
と言いますと、yet11さんが「そろそろ…かもしれない…」みたいな感じで(笑)

私、ダイブ適当な事言ってますが…

5/1に行われるM3で「PULSENOTES」のブースを出しますよ!!

今日収録した「ヒカリ(2011年ヴァージョン)」等が収録されたCD
「ジサツのための101の方法」「末期、少女病」サウンドトラック
販売します!

詳しくはこちら
アクセスしてね。

10年前に収録した「ヒカリ」も収録するそうで、今日収録した「ヒカリ」と
並んで収録されます。

きゃぁ~ヽ(´▽`)/
はずかしー

歌はあまり変わっていないのですが、あきらかに台詞が変わっています。
アクエリオンは確実に私を変えました(笑)

購入する方は、いやらしく聴き比べてみて下さいね~。


e0049681_23262295.jpg


るざりんのピースがyet11さんの鼻の中に!?
yet11さん曰く「すべてが計算、段取り通り」だそうです(笑)
[PR]
by satohiromi | 2011-03-05 23:33 | 日記

ccopyright © 2006-2015 S inc. All Rights Reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム